<< ストッケの人気ベビーシート:イージーゴーX1 | main | エルメスバーキン30cmのクロコダイル R刻印はこれ >>

スポンサーサイト

  • 2016.11.10 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


一定期間更新がないため広告を表示しています




おすすめ!東野圭吾の白夜行



JUGEMテーマ:自分が読んだ本




 
1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂ー暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。


東野圭吾(ヒガシノケイゴ)
1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞。2006年、「容疑者Xの献身」で第134回直木賞受賞。同書は第6回本格ミステリ大賞、2005年度の「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」各第1位にも輝いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

おすすめ!東野圭吾の容疑者Xの献身




スポンサーサイト

  • 2016.11.10 Thursday
  • -
  • 10:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
RANKING



楽天で探す
楽天市場





selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM