<< 北欧iittala カステヘルミ (KASTEHELMI) プレートだよ | main | 少女(双葉文庫)著者: 湊かなえ >>

スポンサーサイト

  • 2016.11.10 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


一定期間更新がないため広告を表示しています




これ!佐伯泰英の遣手 吉原裏同心6



JUGEMテーマ:今日のキーワード




遣手 吉原裏同心6(光文社文庫)
ユーザ評価4.89レビューを見る(9件) 書く 616円(税込)571円(税抜) 送料無料


・発売日: 2005年09月
・著者/編集: 佐伯泰英
・出版社: 光文社
・サイズ: 文庫
・ページ数: 333p
・ISBNコード: 9784334739478

新角楼で遣り手のおしまが何者かに殺され、金子が紛失した。吉原会所の用心棒・神守幹次郎は、おしまの息子と振袖新造を下手人と突きとめ、始末をつけた。その後、幹次郎は、おしまの生まれ在所に遺髪を届けたいという会所の頭取と妓楼主に同道。信濃国へ向かう峠路で襲いかかる武芸者たちに、幹次郎の裂帛の気合いが木霊し、眼志流の秘剣「横霞み」が冴える。
佐伯泰英のおすすめはこれだね




スポンサーサイト

  • 2016.11.10 Thursday
  • -
  • 06:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
RANKING



楽天で探す
楽天市場





selected entries
categories
sponsored links
links
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM